手荒れの悩み解決マニュアル【手荒れの治し方マニュアル】

当サイトオススメの方法で手荒れを治した方の画像です。

手荒れ

手荒れ


「手荒れを治すための3つの方法」をご紹介していますので、
気になる方は、こちらのページをご覧ください♪

手荒れを治すための3つの方法

手荒れの原因シャンプー

昔は、洗髪も石けんで行っていました。
ですが今では、石けんで髪の毛を洗うという人は、
あまりいません。

 

しかし、石けんは、肌への刺激も少ないものなのです。

 

やはり肌への刺激性を考えるのであれば、
石けんを使うべきなのです。

 

そこで、時々シャンプーや台所用洗剤として、
脂肪酸系、つまり石けんが売り出されます。

 

しかし、気が付けば店頭からなくなっています。

 

なぜなら、石けんは、洗浄力が弱いからです。

 

洗浄力の弱い石けんは、消費者の不満を買い、
売れなくなってしまいます。

 

いくら皮膚によく、肌への刺激性が少ない良質のシャンプーであっても、
洗浄力、泡立ち、泡義ら、泡自体の感触、手触り、風合いなど、
感覚的な部分が満たされるものでなければ売れないのです。

 

アミノ酸系の界面活性剤は刺激が少ないといわれています。

 

ですが、単独ではシャンプー剤の条件を満たしません。

 

たとえば、泡立ちが弱いので、
泡立ちが良くなる成分を配合する必要があります。

 

そこで、ヤシ湯から作られた界面活性剤である
「ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド」を配合します。

 

すると、急に皮膚への刺激性が出てきます。

 

リンスインシャンプー

 

リンスのいらないリンスインシャンプー剤はたくさんあります。

 

これらのシャンプー剤の主原料は、
ラウリル硫酸ナトリウム(AS)です。

 

また、ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミドも配合されていて、
洗浄力も抜群で泡立ちも良く、とても使いやすいものです。

 

しかし、毎日シャンプーしていると、
髪の毛がばさばさになっていたりします。

 

これは、洗浄力が強く、髪の油分が失われ、
ばさばさになったという結果です。

 

使い始めたときは、なんとなく感触がよいので、
つい気に入ってしまうのですが、
使い続けているうちに髪の損傷が酷くなり、
気づいたときには、元のキレイな髪には戻れなくなってしまうのです。

良いシャンプーの選び方

シャンプー剤による皮膚障害の原因は、
やはり原料にあると考えられます。

 

LAS(リニアルキルベンゼンスルフォン酸ナトリウム)、
AS(ラウリル硫酸ナトリウム)、TWEEN系(非イオン界面活性剤)の
原料を使用しているシャンプーは、
お値段がリーズナブルですが、刺激性に問題があります。

 

刺激の強さについての判断は、難しいところです。

 

しかし、シャンプー剤で洗顔してみることで、
ある程度はわかります。

 

シャンプーで顔を洗ってみて、
洗顔中にまったく刺激を感じなければ、
良質のシャンプー剤であると判断してよいでしょう。

 

一般的に、皮膚が荒れるのは、
表面の皮脂膜の取りすぎによって怒り安栖。

 

皮脂膜は、皮膚表面の皮丘に開口している汗腺から分泌される汗と、
毛根に開口している皮脂腺から分泌される皮脂とが
混ざり合って作られるものです。

 

そして、皮脂膜は、外部からの刺激から、
皮膚を守る働きをになっています。

 

皮脂膜は、通常pH5〜6の弱酸性で、
石けんで洗うことによって、石けんのアルカリで
pH8くらいのアルカリ性に移行します。

 

そして、一時間くらい過ぎると、もとの弱酸性に戻ります。
これを「アルカリ中和能」といいます。

 

このアルカリ中和能は、皮膚の大切な役目のひとつです。
この働きがあるからこそ、皮膚は丈夫なのです。

 

シャンプーが強い刺激性を持っていると、
つまり、強い洗浄力を持っていると、
皮脂膜を根こそぎ奪ってしまい、皮膚をアルカリにしてしまい、
同時に外的刺激から皮膚を守ることができなくなります。

 

ですから、シャンプー剤による手荒れを防ぐためには、
洗浄力の強いものは避けるか、
数倍に薄めて使うようにすることが必要です。

 

また、シャンプーの後のスキンケアとして、
ローションやクリームを塗っておくことが必要です。

 

シャンプーの香りを残したいがために、
すすぎを十分にしなかったり、
リンス剤が頭皮についても流さないというようなことをしていると、
頭皮トラブルも発症します。

 

シャンプーは必ずしっかりすすぐこと。
リンスは頭皮にはなるべくつけないように毛先にのみ使うこと、
そしてしっかりすすぐことが大切で、
その後の手洗いもしっかり行うようにしましょう。

香りの残留に注意

最近の人たちは、シャンプー剤を選ぶとき、
香りで選ぶという人が多いのではないでしょうか。

 

日本人は、外国人と比較すると体臭が少ない人が多いです。

 

ですが、最近は香りを身にまとう人が増えています。

 

石けん、スキンローション、シャンプー、リンス、
メイクアップ化粧品など、
すべて同じ香りで、しかも他人に不快な感じを与えないような香りで
統一することができればよいのですが、
それぞれ香りが異なるものを選んだり、
選ばざるを得なかったりすると、まとまりが付かなくなり、
他の人に不快感を与えることにもなってしまいます。

 

外国人は、強い体臭を消すために、
たくさん香水を使います。

 

香水やオーデコロン等によって体臭を中和し、
セクシーな香りに変化させる女性も多くいます。

 

しかし、体臭そのものが少ない日本人がそれをまねしても、
香水やオーデコロンの香りだけが残留し、
他の人に不快感のみを与えてしまうことになります。

 

シャンプーの良い香りはとても魅力的ですが、
香りだけで売っている商品は原価が安く、
粗悪な原料が使用されていることもあります。

 

また、頭皮に残れば頭皮トラブルを招く恐れもあります。

 

しっかりすすぐことが必要です。