手荒れの悩み解決マニュアル【手荒れの治し方マニュアル】

当サイトオススメの方法で手荒れを治した方の画像です。

手荒れ

手荒れ


「手荒れを治すための3つの方法」をご紹介していますので、
気になる方は、こちらのページをご覧ください♪

手荒れを治すための3つの方法

手荒れの原因が花粉かも?

花粉症と言えば、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどを思いうかべてしまいますが、
花粉が原因で手荒れが悪化していることもあります。

 

体の皮膚に付着した花粉が原因で、皮膚が炎症を起こしてしまうというもの。
衣服に覆われていない、顔や手に症状が現れやすいです。

 

ある特定の季節に症状が悪化する場合は、医療機関を受診して、血液でアレルゲンを特定することができます。
アレルゲンが特定できれば、その季節は特に念入りに対策を施すことができます。

 

春と言えば、スギ科が有名ですが、ハンノキ、ヒノキ、シラカンバ コナラ、ブナなどがあります。
夏から秋にかけては、カモガヤ、ハルガヤ(イネ科の植物)、ブタクサ、ヨモギ(キク科の植物)が代表的です。

 

また、秋に飛散するブタクサなどの花粉は、スギの花粉と違い、粒子が小さい。
ですから鼻の粘膜だけではなく、気管支にまで届き、気管支喘息のような症状を引き起こすこともあります。

肌荒れを起こさないための花粉症対策

花粉が原因で起きる手荒れなどの肌荒れは、花粉が皮膚に付着することで引き起こされます。
まずは、その原因である花粉を早く落とすことが大切です。

 

帰宅時には、花粉を家の外ではたき落としましょう。
そして、まずはシャワー。
体に付着した花粉を洗い流します。
シャワーまでできなくても、洗顔、手洗いは必ずしましょう。

 

ゴシゴシ洗いは厳禁!
皮膚に傷がつくと、そこから花粉が侵入して症状を悪化させます。

 

花粉を洗い流したら、保湿。
保湿クリーム(症状が悪化している場合はステロイドも使用)で肌を保護した上に、パウダーをはたき、花粉から皮膚をガードしましょう。
パウダーはシッカロール・ベビーパウダーなどでOK。
硫黄などの特別な成分が入っていないものを選びましょう。

 

外出先で皮膚がむずむずしたら、ティッシュペーパーなどで優しく払い落としましょう。