手荒れの悩み解決マニュアル【手荒れの治し方マニュアル】

当サイトオススメの方法で手荒れを治した方の画像です。

手荒れ

手荒れ


「手荒れを治すための3つの方法」をご紹介していますので、
気になる方は、こちらのページをご覧ください♪

手荒れを治すための3つの方法

手荒れの人が知っておきたい皮膚病の原因

皮膚病の原因には、どんなものがあるの?

皮膚病といってもいろいろなものがあるね。
たとえば、「あざ」のように、先天的なものもあるし、
「紫外線」や「温度」、「細菌やウイルス」、「薬」などが原因になる
後天的なものもあるよ。

 

紫外線が皮膚に与える影響にはどのようなものがあるの?

紫外線に当たると、肌が「日焼け」するよね。
そして、肌が小麦色になって、とても健康そうに見えるようになるね。
紫外線には、アレルギー反応を抑えたり、
骨を丈夫にするというメリットもあるんだよ。
でも、紫外線を浴びすぎると、皮膚の老化が早くなって、
シミ、そばかす、シワができやすくなったり、
皮膚炎になったり、皮膚がんになったりする危険が高くなるよ。

 

特に、最近は紫外線にあたりすぎることによる皮膚がんの発生が懸念されているね。
紫外線の中でも、中波長の紫外線(UV-B) は、皮膚がん、悪性黒色腫の
原因になるといわれているよ。
無防備に日光浴を繰り返すようなことは避けたほうがよいよ。
紫外線に当たるときは、帽子や日傘、日焼け止めクリーム、長袖の服などを
上手く利用しようね。

 

 

温度が皮膚に与える影響にはどのようなものがあるの?

高い温度のものを触るとやけどをするね。
また、低い温度に長い時間さらされると、
しもやけになったり、凍傷になったりするよ。
温度が原因で、じんましんができたりすることもあるんだよ。

 

細菌やウイルス、真菌が皮膚に与える影響にはどのようなものがあるの?

細菌やウイルス、真菌が皮膚に侵入すると、
皮膚トラブルを起こしたりするよ。
たとえば、ウィルスが体に入ると皮膚症状が起きる病気には、
水ぼうそうやはしかなどがあるね。
真菌が体につくと、水虫になったりするよ。

 

機械的な刺激、化学的な刺激が皮膚に与える影響にはどのようなものがあるの?

機械的な刺激とは、たとえば靴擦れなどがあるよ。
合わない靴を履いて歩くと、足が擦れてマメができて潰れたりするよね。
化学的な刺激とは、植物や金属、化学物質などに触れて
炎症を起こしたりするものだよ。
皮膚は、このような刺激から普段は私たちの身体を守ってくれているんだ。
でも、刺激が強すぎてしまうと、皮膚が身体を守りきれなくなって
皮膚病になってしまったりするんだね。

 

内臓の病気が皮膚トラブルの原因になることもあるの?

内臓の病気が皮膚トラブルの原因になることもあるよ。
たとえば、肝臓病、腎臓病、糖尿病、がん(悪性腫瘍)などの病気があると
皮膚疾患になることがあるんだよ。